ぼっちのたしなみ

邦ロックと読書と謎解きと

2017年で楽しかった謎解きイベントを振り返る

今年は前年より多く行った。遠征したり、scrap以外の公演にも初めて挑戦した。

ルーム型、ホール型だけで25公演ほどに参加した。

特に楽しかった3つを紹介する。

 

 

1.ブラック・ジャック×ドラマチック謎解きゲーム 脱走者緊急手術/よだかのレコード

5人1組のホール型。クリア。

BJを最近読み始めてて気になったので行ってみた。初団体。

謎解きに医者が加わるとこんなに面白くなるんだなと。手術もしたし本当に医者になったような気分だった。

中盤で閃いたのが凄い好き。ドヤ顔してたかも。

 

あと全体を通しての物量。噂には聞いていたけどわちゃわちゃして面白かった。物が増える増える。

2人で行ったけど、出来る相方は放っておいて(おい)ソロのお兄さんと連携して小謎を解いてた。

今後のよだかのレコードの公演楽しみだ。再演もあれば行ってみたい。

 

 

2.大逆転裁判2「容疑者 夏目漱石最後の事件」ゴーストライターの明暗/SCRAP

紹介する中で唯一の周遊型。2コースの内1つだけクリア。受付で相方と別れてソロ凸。

広すぎだろ場所...東京ドーム21個とか壮大すぎる。

いろんな建物があって面白かった。夏目漱石の家とか独房とか。時間なくてチラ見しかできなかったのが残念。

 

大逆転裁判シリーズは未経験だけど世界観に入り込めて楽しかった。紙なのに逆転裁判の雰囲気がガンガンでてた。

 

関東勢2ペアと遭遇したのはビックリした。謎解き勢の世界は狭いのかもね。

 

 

3.ペーパーキングダムからの脱出/SCRAP

定員10名を8名で。ソロ凸。

紙の世界ということで自由度もあり制限もあり、なかなか壮大なスケールのストーリーだった。

終始茶番が面白かった。ここまでノリノリの茶番は前代未聞。

ラス謎に貢献したので満足。

 

 

来年はミステリーサーカスも寄るし、参加したことない団体も挑戦する。

良いお年を。